釣行日記


by uzqsl8yosp
 台湾系の蓮舫参院議員(42)が行政刷新相になり、台湾では、祝福ムードで盛り上がっている。亡くなった父親はバナナの貿易商だったが、蓮舫議員は、そのバナナを成長にうまく役立てていたようなのだ。

 「なまいき蓮舫」「必殺仕分け人」――と、蓮舫参院議員には、キツい女のイメージがついて回る。ところが、父親の故郷、台湾では、行政刷新相就任に当たって、メディアからこんなソフトなニックネームで呼ばれているというのだ。

■「台湾バナナを食べたおかげで、今も健康」

  「台湾のバナナ娘」

 読売新聞が2010年6月8日、台湾メディアが日本で初の台湾系大臣だと大々的に報じていると紹介する記事の中で伝えた。

 それによると、蓮舫議員は5月30日、都内であった台湾イベントに参加。そこで、「父の仕事の関係で台湾のフルーツを食べて育った。一番好きなのはバナナ」と述べた。蓮舫議員は、機会があるたびに、バナナやマンゴーなどの台湾フルーツをPRしており、それが好感されて「バナナ娘」と呼ばれたらしい。

 蓮舫議員は、バナナをPRするだけでなく、自らの成長にも役立てているようだ。

 例えば、そのスリムな体型だ。蓮舫議員は、イベントなどで、「小さいときから台湾バナナを食べたおかげで、今も健康」などと明かしている。グラビアアイドル時代から体型を維持しているのは、そのためもあるらしい。少し前に、「バナナダイエット」がはやったが、蓮舫議員は、時代を先取りしていたわけだ。

 また、アイドルからキャスターに転身したときも、バナナが役立ったとの情報もある。週刊文春4月29日号の記事によると、ビートたけしさんが、社会派番組に推してくれたお礼として、たけしさんの事務所に毎年バナナを送っているという。

 政治家になった一因も、バナナにあるかもしれない。記事によると、父親は、政治家になるのに反対だったが、バナナの政商として政治家と日常的に接していたという。そんな中で、政治への関心を育んでいたのだろうか。

■「なまいき蓮舫」も生んだ?

 政治家になった蓮舫議員は、与党側になるや、必殺仕分け人などとして頭角を現した。その「なまいき蓮舫」を育てたのも、バナナ商の父親だ。

 近く発売される著書「一番じゃなきゃダメですか?」で、その子育てぶりを明かしている。出版社サイト上で一部無料公開された著書によると、蓮舫議員の父親は、「超」のつく厳格な人だった。夕食を聞かれて「なんでもいいよ」と答えると、カミナリが落ちるか、何も食べさせてもらえなかったというのだ。

 蓮舫議員は、「子どものときから、自分の意見をきちんというように育てられました」と振り返る。そして、自ら「キツい女」であることを認めているのだ。

 著書の中で、蓮舫議員は、ツイッターで募集した質問を紹介し、公務員の減俸について、「国家公務員法の改正をやります。これも定数の削減と給料体系を変えていきます」と意気込みを示した。

 行政刷新相として、「バナナ娘」の原動力を生かすことができるか。ニックネームを変えられることがないよう、これからが正念場のようだ。


■関連記事
「小幅入れ替え」菅新内閣 サプライズは蓮舫議員? : 2010/06/04
蓮舫「元々日本人じゃない」 平沼発言に批判集中 : 2010/01/18
「必殺仕分け人」蓮舫議員 「何様」「生意気」で検索される : 2009/11/26
10分間に2回もウソをつく…これは病気なのか : 2010/06/08
「ワンセグでNHK受信料」は闇討ちだ : 2010/05/29

首相臨時代理1位は仙谷官房長官(産経新聞)
知人宅を「後援会事務所」=経費4200万円計上―「適切」と説明・荒井戦略相(時事通信)
「悲しみの中にも希望が」=岩手・宮城内陸地震2年で追悼式(時事通信)
宮城県警に発足した「海燕隊」の使命は…(読売新聞)
飼い主の“愛”が伝わる猫砂選び(Business Media 誠)
[PR]
# by uzqsl8yosp | 2010-06-15 10:37
 政府の府省版事業仕分け「行政事業レビュー」が26日、経済産業省を皮切りに3週間の日程でスタートした。行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が公開で実施した一連の仕分けの手法で、各府省が無駄排除・効率化を徹底。2010年度予算の執行や11年度予算の編成に反映させるのが狙いだ。
 初日の経産省は9事業を対象に実施した。中小企業振興を担う「小規模事業対策推進事業費補助金」で運営している中国・上海事務所の相談・調査事業を廃止。海外で石炭の利用技術向上を図る「国際石炭利用対策」や自治体を対象とした「地域新エネルギー・省エネルギービジョン策定」などを含む合計6事業を廃止とした。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
事業仕分けの結果(25日)
「安価、便利なサービスを」=裁判関連でも仕分け
傍聴者4870人、5割増=事業仕分け

普天間「将来の県外移設」を=首相に要望、民・社180人が署名(時事通信)
福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
岡田外相 イラン外相と会談 IAEA決議に従うよう要請(毎日新聞)
<一家3人殺害>起訴の男 長野の男性死体遺棄も関与(毎日新聞)
<「アイリス」>新シリーズ、鳥取がロケ地に チョン・ウソンさん主演 (毎日新聞)
[PR]
# by uzqsl8yosp | 2010-06-02 08:53
 文化審議会(西原鈴子会長)は21日、「平城宮東院(とういん)庭園」(奈良市)を特別名勝に、福島県白河市の白河藩の居城「小峰城跡」や、徳島県阿南市などの「阿波遍路道」など13件を史跡、名勝、天然記念物に指定するよう文科相に答申した。

 東院は、平城宮の東辺に張り出した一角で、皇太子の宮殿「東宮(とうぐう)」などとして使われた。修復された庭園は昨年、名勝に指定されたばかり。

 その他の答申は次の通り。

 【史跡】常陸国府跡(茨城県石岡市)▽大町釈迦堂口遺跡(神奈川県鎌倉市)▽長州藩下関前田台場跡(山口県下関市)▽妙見山古墳(愛媛県今治市)▽熊本藩川尻米蔵跡(熊本市)▽小湊フワガネク遺跡(鹿児島県奄美市)【名勝】和歌の浦(和歌山市)▽円月島(和歌山県白浜町)【天然記念物】大室山(静岡県伊東市)▽多度のイヌナシ自生地(三重県桑名市)▽ヤクシマカワゴロモ生育地(鹿児島県屋久島町)【登録記念物】小川氏庭園(鳥取県倉吉市)▽賀来飛霞(かくひか)標本(宮崎市)【重要文化的景観】高島市針江・霜降の水辺景観(滋賀県高島市)▽田染荘小崎(たしぶのしょうおさき)の農村景観(大分県豊後高田市)

板橋の資産家夫婦殺害事件1年 現場に残った数千万円…絞り込めない犯人像(産経新聞)
<口蹄疫>最新設備でも防げず 養豚業者、再起誓う(毎日新聞)
山陽新幹線で停電、姫路―新大阪駅で運転見合わせ(読売新聞)
ワクチン投与で地元首長と協議=「農家の理解得たい」―山田農水副大臣(時事通信)
辺野古明記に難色 首相、曖昧表記要求 普天間移設の日米合意文書(産経新聞)
[PR]
# by uzqsl8yosp | 2010-05-27 13:09
 政府は18日、平成23年度の一般職国家公務員の新規採用を半減する方針の閣議決定を再び見送った。総務省が各省と折衝を続けているが、削減策を進める立場の原口一博総務相は同日の記者会見で、見送りの理由として特定の1省が反発していることを挙げた。14日に続く2度目の先送りとなったが、平野博文官房長官は21日の次回閣議で決定を目指す考えを示した。

 鳩山由紀夫首相は4月27日、閣僚懇談会で各閣僚に採用数の半減を指示。総務省が(1)I種(キャリア)とII種は2割抑制(2)地方の出先機関職員などは8割抑制(3)国税調査官や刑務官など専門職種は5割抑制−などの削減目標を作ったが、複数の閣僚が業務に支障が出るとして反対していた。

 平野氏は18日の記者会見で「反発があろうが何があろうが、内閣で方針を決めている。それに沿った考え方で、これは実施する」と強調。その上で、21日の次回閣議での方針決定について、「しなければならない」と強調した。

【関連記事】
公務員採用半減見送り 政府 総論賛成も各省庁が反発
「まさか刑務所開放…」 法相、公務員の新規採用半減に反論
郵政正社員化6万5000人対象 11月めどに採用
来春の新卒採用5割の企業「減少」 景気は「緩やかに拡大」6割 主要企業アンケート
採用面接「部長ならできます」への考察
中国が優等生路線に?

<放鳥トキ>秋田に雌1羽飛来…これまでの飛来地で最北(毎日新聞)
<囲碁>本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で(毎日新聞)
女の子力士も「はっけよい」 わんぱく相撲浦安場所(産経新聞)
巨大温度計 最高気温45度までOK 埼玉・熊谷に設置(毎日新聞)
バカラ賭博容疑で16人逮捕=300万円を押収−警視庁(時事通信)
[PR]
# by uzqsl8yosp | 2010-05-18 16:48
 さいたま市とNHKさいたま放送局は10日、同市浦和区の同局放送会館を、市が再開発事業を進めているJR大宮駅東口(同市大宮区)に移転することで正式に協議入りすると発表した。清水勇人市長らが定例会見で明らかにした。

 候補地は、大宮駅東口から東に200メートルほどの大門町2丁目中地区約8000平方メートル。現在、デパートや市有の空き地、個人商店などが立ち並んでいる。

 大宮駅東口では、昭和50年代から再開発が検討されてきたが、地権者の反発に直面してきた。今回、「再開発の起爆剤」として新会館誘致を狙う市と、老朽化した現会館からの移転を計画していたさいたま放送局の思惑が合致した形だ。

 さいたま放送局は、過去の大河ドラマなどの番組をロビーで流すなどし、「地域のにぎわい作りに貢献できる」としている。

 今後、新会館が入るビルの規模や公共施設入居の有無の判断、地権者との交渉を進めるなどし、平成25年度中の着工を目指す。

【関連記事】
NHK平成21年度決算は黒字 速報値を経営委が公表
テレ東、BSジャパンなどグループ3社が経営統合で合意
来客増加ぜよ! 「龍馬伝」で高知観光が脚光
ゲゲゲの女房とジョン万次郎が…BBQには「クリアアサヒ」
人形や物産展 関連企画続々 「龍馬」人気 消費不況に一撃

「民意はますます反対」=徳之島3町長(時事通信)
<GW>Uターンラッシュがピーク 5日まで(毎日新聞)
2歳男児はねられ死亡 滋賀・甲賀市(産経新聞)
故鳩山一郎氏の墓に黄色い塗料=首相の祖父、谷中霊園−東京(時事通信)
「憲法記念日」各地で集会 民間臨調「憲法審査会始動を」社民・福島氏「阻止する」(産経新聞)
[PR]
# by uzqsl8yosp | 2010-05-10 23:57