釣行日記


by uzqsl8yosp
 保育所の待機児童が多い東京23区と政令指定都市18市で、認可保育所の保育室面積について、国より厳しい最低基準を設けている自治体が昨年11月1日時点で全体の約7割に当たる28市区に上ることが、時事通信社のアンケート調査で分かった。
 政府が閣議決定した地方分権改革推進計画では、東京などの都市部に限り、待機児童解消までの一時的措置として、国が定める認可保育所の面積基準を自治体の条例で緩和できるようにする方針を決めた。しかし、都市部では国を上回る独自の面積基準を設けている自治体が多いため、国が自治体に基準設定を委任しても受け入れ児童数の拡大は進まない可能性がある。
 保育室面積は厚生労働省令で、0〜1歳児のほふく(はいはいなど)をしない乳幼児向けが1人当たり1.65平方メートル、ほふくする乳幼児向けは同3.3平方メートル、2歳以上は同1.98平方メートルが最低基準とされている。 

【関連ニュース】
日本女性も飲み過ぎ注意=乳がんリスク上昇
市に3300万円賠償命令=保育所の男児、熱中症で死亡
保育所整備費を計上へ=2次補正で
「喜」はイチロー選手=「怒」は酒井さん
4割強が投信リスク認識=リーマン・ショックで

今日からおれは
クレジットカードの選び方
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化
競馬情報
[PR]
# by uzqsl8yosp | 2010-01-07 13:59